結局、私に似合う服って?選び方がいまだにわからないワケ

服を捨てればおしゃれになれる?

クローゼットに大量の服があるのに、まったく着る服が無い!そんな人はファッションに悩みを抱えている人ですよね。捨てればおしゃれになれる!なんて鵜呑みにしすぎて本当に着るものが無くなってしまっては元も子もありません。

骨格やパーソナルカラーを勉強してみても

また、自分の骨格タイプやパーソナルカラーを勉強し過ぎたことによって、逆に似合う形や色がわからなくなってしまうなんてことも。なんとなく、これかな?と気楽に参考にしてみてこだわり過ぎないのも大事ですよね。

高い服?それともプチプラ?

いつも好きなブランドの高い服ばかり揃えるというのも大変ですよね。反対に、プチプラばかり買っていても、クローゼットの肥やしになってしまいそうです。少し高いお金を払っても欲しい服、プチプラだけどSNSで見て欲しいと思った服、そんな選び方でもいいのではないでしょうか。

着たい服を着るために大切なこと

服を買うときは必ず試着する。シンプルですがこれが一番失敗なく服選びをするコツなのではないでしょうか。その時の顔色、体型、ヘアスタイル、それらにしっくり合うものであれば、よほど失敗はありません。そして、服を買いに行く時は合わせたいアイテムをあらかじめ着ていくのも良い方法です。「これが欲しい!」と衝動買いしてしまったものの、合わせるアイテムがなくて着ないままという話もよく聞きます。せっかく気に入って買っても着なければ捨てる時に悲しい気持ちになるだけです。「本当に自分に似合う?」「一回でも着る?」そんなことを自問自答しながら、少しゆっくり試着して買ってみてはどうでしょうか?

脇の毛の処理はとても大変です。そこでおすすめなのが脇の脱毛です。脱毛してしまえばお手入れをする必要がなくなります。